英検面接

[英検3級二次試験]面接合格のコツ⓵・・readingとNo1解き方

更新日:

さて、前回の記事で英検面接の時の入室の仕方、面接官とのお話の仕方などを学びましたね。ここからは各級の面接のコツをお伝えしたいと思っています。

英検三級の問題の内容

カイト
カイト

 Alice先生、面接の問題ってどんな問題なの?
何問あるのかな?

カイト、いい質問ね。まずカードに書いてあるpassage
を黙読してそのあと音読します。
そのあと質問があります。
級によって問題数は違うけど、
カイトの受ける3級は全部で5問あるのよ。

Alice先生
Alice先生

面接カードという絵の書いたカードの中の
Passageについての問題が一問、
絵についての質問が2問あるの。

Alice先生
Alice先生
カイト
カイト

あとの2問はなあに?

カードをひっくり返してから
カイト自身についての質問があるの。
これから具体的にやり方を説明していくわね。

Alice先生
Alice先生

英検3級面接問題の配点

  1. Reading 配点5点
  2. Question No.1 配点5点
  3. Question No.2 配点5点
  4. Question No.3 配点5点
  5. Question No.4 配点5点
  6. Question No.5 配点5点    プラス態度点 3点

今回はこのReading とQuestion No.!のやり方、解き方について教えていきますね。

Readingのコツ

面接官
面接官

Please read this passage silently for 20 seconds.

OK.

カイト
カイト

まず渡されたカードのpassageの部分を20秒間黙読します。そのあと音読をするように指示されますので音読しましょう。

面接官
面接官

Please stop. Please read it aloud.

Yes.

カイト
カイト

読んでくださいなどと指示された時には、必ず ”Yes"や ”OK" などと返答して、面接官と目を合わせてから行動するようにすると、自分自身も焦らないで、しかも面接官への印象も良くなると思います。

サンプル問題です。(公益財団法人 日本英語検定協会様のサンプル問題)

Listening to the Radio

There are many kinds of radio programs. People often enjoy listening to sports or their favorite songs. People can learn English and other languages from the radio, so it is very useful.

まず題名を読むのを忘れないようにしてください。そして語句の意味のかたまりごとに読むようにすると、自分でも意味が理解できる上に、聞いている人にもわかりやす読み方になります。

例えばこの文なら

Listening to the radio

There are/ many kinds of radio programs./People /often enjoy/listening to sports/or their favorite songs./People /can learn /English and other languages/from the radio,/so/it is very useful.

日本語でもうまく意味のまとまりで息継ぎをしたり、間を開けることでうまく聞こえますよね。カッコよく発音できないと点が取れないというわけではありませんが、英語学習で発音は重要なキーです。ここでは複数形は複数形だということがわかるようにはっきりと、そして比較級などは発音ができない人も多いので過去問をしっかりと読んでどの単語も発音できるようにしましょう。

でももし本番でわからない単語があった時には、間違えてもいいので大きな声で読むようにしてくださいね。Don't be afraid of making errors.

Question 1に自信を持って答えられるコツ

カイト
カイト

ちゃんと読めたよ!次はどんな問題なのかな?

次はpassageに関する質問です。でも実は
問題を解く前にここが質問で聞こえてくるんじゃないかな
と思える場所があるのよ。

Alice先生
Alice先生
カイト
カイト

わあ!すごい!どこなの?

例えばね
アリス先生はランチを食べていません。”だから”お腹が空いています
という文がありますね。じゃあどうして先生がお腹空いてるかわかる?

Alice先生
Alice先生

カイト
カイト

わかるよ!先生ランチを食べてないからだよね。

正解!
つまりこの”だから”という言葉の前が
答えだということがわかるね。そして質問は「お腹が空いています」という部分だとわかりますね。

Alice先生
Alice先生

このことを英語で考えると
Alice didn't eat lunch, so she is hungry.
という文があって、質問部分が

Why is she hungry?

答えの部分がAlice didn't eat lunch.

となるんですね。これをきちんと表すと
Why?で聞かれているのでBecause~と答えて、
Aliceの部分を三人称単数形のsheに置き換えて

Because she is hungry.と答えると満点の答えになるの

Alice先生
Alice先生
カイト
カイト

ということはさっきの問題なら
People can learn English and other languages from the radio, so it is very useful.ここの部分が大事ということ?

That's right.
つまり答えの部分はどこ?

Alice先生
Alice先生
カイト
カイト

I got it!
先生分かったよ。
People can learn English and other languages from the
radio.というところが答えの部分だから
Peopleの代名詞はTheyに置き換えたらいいということ?

そうよ。ではまた面接の練習に戻ってみましょうね。
面接官が質問するから答えてみてね。

Alice先生
Alice先生

さあ、ここでやり方がわかりましたね。面接官からの質問が聞こえる前に質問される場所が予測することができます。必ずこの部分が質問で聞こえてくるとは断言できませんが、今までの経験からここが質問になることが多いとわかります。では No1の問題をやってみましょう。

面接官
面接官

Now, I will give you five questions.
OK?

OK

カイト
カイト
面接官
面接官

Question No1.
Please look at the passage.
Why is the radio very useful for people?

Because they can learn English and other languages.

カイト
カイト

カイトくんしっかりと答えられましたね。このように黙読をする時、実際に声に出して読む時にこのヒントになる部分を見つけることができたら、安心してNo1の問題に答えられますね。

ちなみにこのNo1の問題が問題はWhat can people learn from the radio?と質問されたとしても場所的には同じですね。答え方はThey can learn English and other languages.となります。

カイト
カイト

Thank you, Alice先生
readingのやり方と
No1の解き方はわかったよ!

さすがカイト。
では次回は絵を見て答える問題の
解き方を考えてみましょうね。

Alice先生
Alice先生

ということで、次の記事もお楽しみに!!

(2014年以前んはWhy?で始まる質問だけでなく What?で始まる質問や、Whenで始まる質問、How?で始まる質問も多くありました。その場合はやはり面接官のおっしゃる質問をきちんと聞いてpassageの中のどの部分を話されているのかを聞き取り、passageの中に見つけていかなければなりません。やはりリスニング力は必要なものだと言えますね。)

リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

-英検面接

Copyright© English/English 英語学習サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.