センター試験

センター試験の文法問題の解き方---No4~No6

更新日:

さあ、ここからは文法問題のNo4からNo6までの問題を実際に解きながら、どのように考えていけば正答にたどり着けるのか考えていきましょう。

センター試験文法問題No4~No6

Karen
Karen

Alice先生、次はNo4ですね。

そうですよ。Let's try!

Alice先生
Alice先生

センター試験文法問題No4

問4. We should make the changes to the document quickly as we are ( ) out of time.

① going ②  running ③ spending ④ wasting

Karen
Karen

We should make the changes(私たちは変更をしたほうがいい) to the document (ドキュメントに対して)quickly(すぐに) as we are(私たちには時間が(    )ので) ( ) out of time.ということですね!

Karen
Karen

先生!私このイディオム知っています!ここは「私たちには時間がないので」だと考えられるからrunning out of timeだと思います!

Good job!そうですね。

Alice先生
Alice先生

run out of 〜 は「〜を使い果たす」「〜を切らす」という意味です。run と聞くと「走る」を思い出しますが、「(液体などが) 流れる」という意味もあるんですよ。さらにout 「外」に流れて出ていくイメージになることから「〜を使い果たす」という意味になるんです。

Alice先生
Alice先生

runが「流れる」という意味というのは例えば、いま寒いから鼻の調子悪かったりしますよね(笑)My nose won't stop running.(鼻水が止まらない)って言います。

Alice先生
Alice先生
My nose won't stop running.
Karen
Karen

Wow!
イメージしやすいです(笑)

さらにここではwaste(無駄にする)を選んだ人もいるかもしれませんが、wasteは他動詞なので、必ず直接目的語を取るんですね。ですから、ここでは(    )の後にout ofときているので無理なことがわかりますね。「時間を無駄にする」waste timeということはできますが、ここでは文脈にあいませんね。

Alice先生
Alice先生

このように文法の知識と文脈を読む取る力を組み合わせて問題を解くようにしていくといいですね。がんばりましょう。さて次の問題に行ってみましょう。

初めまして。

■経歴
現在英会話スクールの講師として働いています。以前は外資系企業のJohonson&Johnsonで勤務していました。今は英語学習サイトの English/Englishと留学系サイトのUK-留学-TRAVELというブログを2つ運営しています。

■実績・得意
外資系企業の営業職で働いてその後英会話スクールの講師として働いています。昨年はYou tuberのAtuseigoさんのDistinctionの出版に関して翻訳、編集のお仕事をさせていただいています。
現在は英語学習サイトと留学系サイトのブログを二本執筆しています。

■自己PRポイン
昨年の本の出版で英文和訳のお仕事をしました。英会話スクールにて生徒さまからの戸籍謄本の翻訳、お仕事の英文メールの和訳英訳のお仕事も受けております。

センター試験文法問題No5

問5:It was impossible to ( ) everyone's demands about the new project.

① carry ② complete ③ hold ④ meet

Karen
Karen

このitは仮主語のitですね。本当の主語はto不定詞以下ですね

そうですね!

Alice先生
Alice先生
Karen
Karen

It was impossible(不可能です) to ( ) ((     )するのは)everyone's demands(みんなの要求に) about the new project(新しいプロジェクトに関する).ということですね。

「みんなの要求に(     )する」ということだから、「みんなの要求に合う」と考えるといいのかな。となるとmeetしかないですね。

そうですね。meetは「人に会う」の他にも「〔要求・条件など〕に合う」という意味があります。センター試験では以前にも「生活の収支を合わせる」ということでmake ends meetというイディオムも出たことがあります。覚えておきましょうね。

Alice先生
Alice先生

センター試験文法問題No6

問6: Write a list of everything you need for the camping trip。 ( ), you might forge to buy some things.

① As a result ② In addition ③ Otherwise ④ Therefore

Karen
Karen

Write (書きなさい)a list(リストを) of everything you need(あなたが必要なものすべての) for the camping trip(キャンプ旅行のための). ( ), you (あなたは)might forget (忘れてしまうかもしれない)to buy some things(いくつかのものを買うことを).

さあ、これはいろんな入試でよく出てくる問題ですね。命令文で始まっているところがヒントかな。

Alice先生
Alice先生
Karen
Karen

あ!わかりました!
命令文の後にいいことが来てる時にはandでつなげて命令文の後によくないことが来ている時にはorか、otherwiseで繋げるってことですよね。

ということは「買い忘れ」っていいことじゃないからOtherwiseでつなげるといいってことですね。

カレン、よく覚えていましたね!命令文で動詞の原形で始まることもあれば、否定の命令文でDon't + 動詞の原形で始まることもあったり、You must notで始まったりすることもありますが、意味的には命令しているという文ですね。この後にいいことが来ているのか、よくないことが来ているのかで選ぶものが変わりますね。例文で覚えておくといいですね。

Alice先生
Alice先生
Karen
Karen

Get up, and you can catch the first train.(起きなさい。そうしたら始発電車に間に合うよ)
とか
Hurry up, or (otherwise) you'll miss the last train.(急ぎなさい。さもなければ最終電車に乗り遅れちゃうよ)

そうです。例文で自分のものにしておけば、実際のテストの時でも強いですね。

Alice先生
Alice先生

こうやってきちんと文法問題も納得しながら解いていくと楽しくなりますね。手元にある学校でも使用していたネクステージなどのような文法の問題集をしっかりと解いていくようにしましょうね。イディオムも覚えておけば、問題の文脈に合えば、早く解くことができますね。覚えにくいものは声に出して読んでいくようにすると自分のものになりやすいです。

-センター試験

Copyright© English/English 英語学習サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.